06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Walker's Heaven

筑波大学アカペラサークルDoo-WopOB Walker's Heaven、通称ホコ天です!ゴスペルを歌っています!                                          虹のたもとは、僕等の足元。それぞれの歩く道の上、今日も虹がかかります。                

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ざっくり 

んにちは、お久しぶりです。


ホコは筑波大学の学園祭でDoo-Wopの2つのステージに出演いたします。


ひとつは室でうたいます。 ←ざっくり

もうひとつは外です。

10月7日 夜くらい 美池ステージ ←ざっくり


どうぞよろしくお願いします

やまだでした~
スポンサーサイト

category: ステージ

cm 0   tb 1   page top

100本のクリスマスツリーライブ。 

こんばんは!2号です
ご飯を食べ終わったので、書きます!


今日は12月23日、クリスマスイブイブでもあり、天皇陛下の誕生日でもあります!
皆さんはどのように過ごしましたか?
今回は、今日の夕方から夜にかけて行われた「100本のクリスマスツリーライブについてレポを書きたいと思います!


まず疑問として出てくるのが、「100本のクリスマスツリー」って何ぞや、ということだと思います!
ということで、リンクを載せます!
どぞ!


つくば100本のクリスマスツリー


このイベントは、花や緑を通してつくばの街を色鮮やかにするという目的のもと、クリスマスを色とりどり、個性あふれる装飾のツリーで彩る、というものです!
今年は東日本大震災の支援という意味合いも込められてイベントとなっています。
このイベントに際して、私たちWalker's Heavenの所属している筑波大学アカペラサークルDoo-Wopは毎年ライブをさせていただいています!
今年もライブを行わせていただきました!


1年生のフレッシュなバンドから、4年生のバンドの久しぶりのステージなど、ツリーの明かりが広場を彩る中で、アカペラの歌声が響きました
ホコ天は今回メンバーの都合が合わず出演できませんでしたが、もえ、2号、こーめーが設営の手伝いに行きました!
みんなとっても楽しそうに歌ったり、バンドの演奏を聴いたりしていました
とっても楽しかったです!


最後に写真を何枚か。


ライブの看板。かわいい。
IMG_3712.jpg


空。きれい。
IMG_3689.jpg


スピーカー。今日もいい音ありがとう。
IMG_3701.jpg


ライトアップされたツリー。いいライブだった。
IMG_3735.jpg


すてきなライブを作るために尽力してくださったサークル員の皆様、ショッピングモールの職員の皆様、聴いてくださったすべてのお客様に感謝です!
本当にありがとうございました!


それでは今回はこの辺で
バイバーイ

category: ステージ

cm 0   tb 0   page top

天国のありか。―X'mas Live2011「わくわく、どきどき」― 

こんにちは、2号です!
本当にご無沙汰しております、すみません


この時期になってくると、定期更新は難しいものですね…ほかの団体の活動に忙殺されて、記事を書く時間を作ることができませんでした
活動もひと段落しましたので、まずは一筆と思い、書いています!


ことちゃんやおかべが書いてくれたように、先日クリスマスライブが終わりました。
今年は「わくわく、どきどき!」というテーマのもと、6バンドがそれぞれのクリスマスのステージをお送りしました!
会場にもたくさんのお客様がみえ、演奏を聴いてくださいました!
本当にありがとうございました


我々Walker's Heavenもこのライブに向け練習を重ね、出演することができました!
しかも、今年は最後を飾らせてもらうということに!
練習にもだんだんと熱がこもっていきました


おかべも書いてくれたように、ライブ前の最後の練習は本当にみんなで声を高く高く飛ばすことができました。
歌うたびに、天国が近づいていくような。そんな気がしました。
みんなの集中も高まっていき、息の一つ一つまでに耳をすませていくような、お互いに寄り添い合った練習をすることができました。
とっても楽しかったね


そして。
あんなに練習に時間をかけたのに、あっけないほどに早く過ぎていった本番の日。
ステージに上る20分前、みんなで歌った「Hark! the Herald Angels Sing」、みんな笑顔で、この6人でステージに立つことへの「わくわく、どきどき」を、心から感じているようでした。
あのステージの上には、きっとすてきなことが待っている。そう信じて、最後の曲の練習はせず、ステージに取っておきました。


当日までの練習の中で「最後の和音で天国に行こう」という言葉をこーめーが言っていたんですね。
だんだんと本番が近付いていく中で、少しずつ、その感覚がわかるようなきれいな響きを出せるようになっていった、そんな気がします。
「本番前なのに、今から終わってほしくない!」
そんな初めての気持ちを抱きながら、6人はステージ袖へ。


近付いてくる、本番の時。
ステージ上では2年生のバンドが元気いっぱいにステージを繰り広げています。
円陣を組む。楽しそうなみんなの顔。
支えてくれたすべての人に感謝をこめて、一人ひとりの目を見て、息づかいを感じて、一瞬一瞬を大切に歌おう。
6人は、ステージの上へと歩いて行きました。


ステージは、すべてが初めてといっていいほどの感覚でした。
あんなに周りの景色を落ち着いて眺め、お客さん一人ひとりの目を見つめ、声を届けられたのは初めてでした。
歌いながら、ありがとうを繰り返しました。

いつも俺たちの音を聴いてくれている、PAのあかね。「本番、いいステージにしようね!」と言ってくれた。
ありがとう。あかねも含めて、ホコ天の音楽だよ。一緒に作ってくれて、本当に感謝してる。

リハで「頑張ります!」と、不安げに、でもしっかりとした声で言ってくれた照明のひか。
きれいな光だった。まぶしくて温かで、吸い込まれるような明かりで、俺たちを照らしてくれてありがとう。

このクリスマスライブを作ってくれた、プロデューサー3人。
みんなのおかげで、あんなにもどきどきわくわく、待ちきれない気持ちでステージを迎えることができた。
ありがとう。最後の一音まで、いいライブにしよう。


時間がとてもゆっくり流れているようで、でも、あっという間に過ぎて行って。
不思議でした。光の中で、ステージの上には6人。
最後の曲、O Come All Ye Faithful。
終わってほしくないなあ。
ずっとこのステージの上で、こうやって歌っていたいなあ。
忙しいことも、調子の悪いことも、大変なこともあったけど、やっぱりこの6人で歌ってきて、よかった。
心からそう思えました。
やっぱり、神様がついてるね。


最後の和音。終わってほしくないと、いつもよりも長めに伸ばしました。
高く高く、遠く遠く。天国まで声が届くように。
幸せな時間でした。
きっと、天国に行けたよ。
どこにいても、俺たちのいるところが、きっと天国だ。


ステージを終えて、涙はありませんでした。
みんなすっきりとした表情で、ステージを降りました。
楽しかった。とっても幸せなステージだった。
きっとみんなもそう思っていたことでしょう。


打ち上げでも仲良し、もえは大地の母(?)で、こーめーは日本中を熱燗で飲み、俺は騒ぎすぎて引かれ、おかべとことちゃんにべしべしたたかれました!ことちゃんはたくさん飲んだようです!
うちあげにはやまだしがいなかったので、次の機会にはぜひ!


次はどこへと歩いていくのか、Walker's Heaven!
打ち上げは年明けになりそうですが、そこでこれからの去就について決めていきたいと思います!
みんな3年生、忙しい盛りですからね。ご期待ください


ということで、長くなりましたが、以上でクリスマスライブ記を終わります!
今年中にまた更新できるといいな!頑張ります!
それでは、また!
バ―イ

category: ステージ

cm 0   tb 0   page top

松美オーディション前日。 

2号です
またまた更新が滞ってしまいました、すみません!
今回は、松美オーディションに際しての記事です!


今年も学園祭のメインステージである松美池ステージをめぐるオーディションの時期となりました。
学園祭ライブは年間の最大行事であり、そのメインステージである松美池ステージは、多くのサークル員にとって大きな舞台となります。


自分たちホコ天も、今年の松美池オーディションに出るために練習を重ねてきました。
たくさんの練習、いいときも悪いときもあったけど、楽しかったです。


本当は、いろいろあったんです。伝えられなかっただけで。


自分たちが楽しく歌えてるのか不安になったり、悩んだり。
個人的に話したりしたこともありました。
練習の時に、うまく笑えなかったときもありました。
みんな楽しそうにしてるかな、不安で、みんなの顔を見られなかったことも、実はありました。


でも、今はもう、大丈夫なんですよ。


きっかけがなんだったのかはよく覚えていません。
でも、ふとした瞬間、和音が響いて、それを繰り返していくうちに、少しずつ、少しずつ。
みんなの顔にも笑顔が戻って。
それを見てたら、俺も力がわいてきたんです。


みんなと声を合わせる瞬間が、本当にいとおしい。
オーディションのこととか、新曲のこととか。
そういうことに気を取られるあまり、もっとほかにある大切なことを、見失っていたようです。
みんなで声を合わせて、視線を合わせて、心も合わせて。
何も特別なことなんてない。


去年とはまた違った心境でいます。
去年は、何としても受かってやろう、みんなと歌いたい、その気持ちだけでした。
もちろん今年だって、あの舞台に立ちたい気持ちはとっても大きい。


でも、それよりもずっと大きな気持ちとして、
「自分たちが本当に楽しいと思えるようなステージを作ろう」
という気持ちがあります。


たとえ、結果がどうあったとしても。
自分たち自身が、「最高のステージだったね」と胸を張れるように。
みんなと一緒に、ゴスペル作れたね、迷いなくそう言えるように。



そうすることで、また次の景色が見えてくるんじゃないかな。
どんな結果だったにしろ、見えた景色を美しく見ることが出来るんじゃないのかな。


みんなで一緒に。お客さんも、俺たちも。楽しみたい。どこまでも。
そう心におきながら、ひとつひとつ歌っていきたいと思います!



また、一回りして、この季節がやってきた。
あの時からずいぶん、いろんな道を歩いてきたけど。
変わっていくもの、掴んでこれたかな。
変わらないでほしいもの、守れてこれたかな。


続いてきた足跡、これからも。
そして、いつかと同じ舞台に、一歩踏み出すために。
心を合わせ、声合わせ。
歌おう。よろこびの歌。


長く降り続いた雨が上がって。そこに虹がかかったら。
きっと、素敵なことが僕らを待っている。




明日は楽しみたいと思います!
それでは、今回はこの辺で!
バイバーイ

category: ステージ

cm 1   tb 0   page top

結婚、かあ。 

2号です
深夜に失礼しますよ!静かな夜に更新します
なかなか更新できてないし、リンク先のブログへの訪問もできない状況が続いています…すみません
くーそー
待ってろ!時間は作るもの!うをー


という心の叫びを吐露したところで、今回の記事に入っていきたいと思います!
今回は前回の記事でご紹介したとおり、6月4日に行われた結婚式について書きたいと思います


6月4日に、我々ホコ天と先輩・後輩と合わせて10人で組織したチームで、つくば市内の結婚式場で歌ってまいりました
この結婚式、実は3月12日に執り行う予定だったのですが、東日本大震災の影響で行うことが出来ずにいました
歌う曲はThe Beatlesの「All You Need Is Love」、映画「Love Actually」の映画のワンシーンを再現したい、ということで、今回ありがたいことにお話が舞い込んできたのです
ということで、今回の一連の流れのことを私たちは「ラブアク☆大作戦」と命名しました


映画のシーンはこちら。


Love Actually Music Video


先輩が楽譜を耳コピしてくださり、練習を重ねていました!
なかなか全員そろって練習をする機会に恵まれなかったのですが、いる人たちでやれることをやろう、という感じで練習をしていました!


そして迎えた当日。


結論から言いましょう。


最高でしたね。


ということで、時系列に沿ってみましょう


13:00、ラブアク☆大作戦メンバー、つくば駅近くの公園に集合。
公演ではウォーキング大会の参加者と思しき健脚のご年配の方々がたくさん!
集合後、体ほぐしをしながらしばらく雑談し、合わせ練習とシミュレーションを行いました!
練習の様子をまとめると

・蚊はウザい
・鯉は怖い
・「あれ何?」「ドラゴンボール」
・やまだの飲みこみ早い
・おかべはまだか?


です!
5点目について詳細を。
ややともう一人のメンバーは別団体の活動で後で合流する予定でしたが、もしかしたら間に合わないかもという事態が発生!
ぴょー
ということで、こーめーが急いで迎えに行きました!こーめーGood Job!
彼女らとは無事結婚式場で合流し、何とかなりました!よかったー


14:40、一同、式場へ。
結婚式へ参列した人の中に紛れ込み、チャペルの中へ入ります。
純白のきれいなチャペル、以前リハーサルをさせていただいたときにも入ったけれど、涙をたたえたような雰囲気に包まれていました。


15:00、式の始まり。一歩一歩踏みしめるようにヴァージンロードを歩く花婿さん。
この日を心待ちにしていたことが、そのたたずまいからうかがい知ることが出来ました。
3カ月越しの晴れの日、どんなにか嬉しかったことでしょう。


そして、続いてチャペルの扉が開き、純白のドレスを身にまとった花嫁さんと、そのお父さん。
ぎこちなく、しかしそれでいて懐かしむように、そのドレスと同じくらい真っ白な道を、一歩一歩歩く二人。
声にならない思いがこもっているようでした。


指輪の交換、誓いの言葉とキス、式は滞りなく進んでいき、二人がチャペルのドアの向こうへと退場する時がやってきました。
結婚行進曲が流れる。そして間もなくフェードアウト。
カウント。そして曲が始まる。


胸いっぱいの「おめでとう」を、声に乗せて。
ふたりの、そしてふたりを取り巻くすべての人の幸せに寄り添いながら、心を合わせて歌いました。

花嫁さんも、参列された皆様も驚き、自分でいうのもなんですが、サプライズは大成功だったのでは、と思います!


式場から出て、フェザーシャワーに参加させていただき、皆様と一緒に写真も撮影させていただきました
メンバー一同が式場をあとにしてからも、感動の余韻が残っていました。


今回の依頼を受けたことで、それまで全く見ず知らずだった方々の幸せに寄り添う機会を頂くことができました。
本当に貴重で、得がたい体験だったと思っています
また、ホコ天メンバー以外にも、先輩や後輩と一緒に歌い、声を合わせる機会を持つことが出来たのが嬉しかったです
震災の影響で一度流れたこの日を無事に執り行うことが出来たこと、協力して下さったすべての方々に、心から感謝をしたいと思います。
本当にありがとうございました


これからも、きっとずっと。
歌を歌うことで、幸せを呼べたら。
楽しかったね。また歌おう。



ということで、今回のステージレポは以上でした!
どれどれ、今日は夜も遅いし、寝ますかね!
また次回、お楽しみに!


バイバーイ

category: ステージ

cm 2   tb 0   page top

FC2カウンター

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。