09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Walker's Heaven

筑波大学アカペラサークルDoo-WopOB Walker's Heaven、通称ホコ天です!ゴスペルを歌っています!                                          虹のたもとは、僕等の足元。それぞれの歩く道の上、今日も虹がかかります。                

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

第二回~ゴスペルの発展~ 


なぜか授業でシューベルトの子守唄を聴きました、こーめーです。

なぜ…(゜ω゜)?


さて、では第二回、ゴスペルの発展についてです。

前回、ゴスペルの特徴について書きましたが、その結果何が起きたかというと、

“宗教曲が大衆の場におりてきた”のです。

…?
って方は、宗教改革をイメージして下さい。

教会でしか歌えない(救われない)とされていたものが、誰でも歌える(救われる)ようになった…

て感じですかね(`・ω・´)

これは、実はとんでもなく革命的なことでした。

教会音楽は、バロックの時代から高度に発展しており、また、民衆には伝えらなかったのです。

それがいきなり大衆のものになったのですから。

無論のこと、人々はそれを受け入れ、そこから様々な音楽が生み出されました。

現在のR&Bやポップス、私たちの歌うアカペラの原型は、実はゴスペルから生まれたものだ、という意見もあります。

それだけ、強力な影響力があったと言うことでしょう(゜Д゜)


そう考えると、ゴスペルにパワーがあるのもうなずけます。


今日はこんなもんでいかがでしょ|゜Д゜|ノ


次回は、“現代におけるゴスペル”についてにします


この謎コーナーのタイトルや、意見、“これ話して”等あったらコメント下さいね
スポンサーサイト

category: ウキウキ☆ゴスペル講座

cm 2   tb 0   page top

コメント

『こーめーくんの、ウキウキゴスペル講座』(´∀`)★笑
こと #EBUSheBA URL [2010/09/15 21:40] edit

それで!

ことちゃんナイス!
2号 #- URL [2010/09/15 21:49] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokoten6.blog133.fc2.com/tb.php/131-899e0710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。