09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Walker's Heaven

筑波大学アカペラサークルDoo-WopOB Walker's Heaven、通称ホコ天です!ゴスペルを歌っています!                                          虹のたもとは、僕等の足元。それぞれの歩く道の上、今日も虹がかかります。                

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ゴスペル講座『ジャズ編その①~由来~』 


タイトルがいきなり矛盾していますね、あけましておめでとうございます←

こーめーです!


ずいぶんと昔にゴスペルについて記事を書きましたが、『他のジャンルもやれよ』と言われてしまいまして…

備忘録も兼ね、書かせて頂きます\(゜∀゜)/



というわけでジャズ編です


ジャズは、20世紀になってから現れた、比較的新しい音楽スタイルです。

特徴としては、西洋音階に、減3度と減7度を加えた(これをブルー・ノートという)アフリカンな音階と、即興演奏が特徴です。


ジャズの由来は諸説ありますが、“スコラ”という坂本龍一さんのテレビ番組によれば、
①ブルース
②ラグタイム
③マーチ
の融合であるのでは、とのことです。


各ジャンルの紹介は次回にまわすとして、その後の発展についてですね。


ジャズのスタイルは、当時の人たちには非常にクールに見えたのではないでしょうか。

西洋とアフリカの音楽の良いとこ取りをした音楽は、アメリカという人種のるつぼの中で大きな力を持っていったと考えられます。


楽典的にみると、ジャズの音階は大間違いでした。しかし、演奏家にとっては、慣れ親しんだ音階を超えた音楽は、やはり魅力的だったのか、その高い自由度に惹かれ、受け入れられていきました。

“CM7”ではない、“C7”という概念が、ここで確立されてきたのかもしれませんね。

その高い自由度が、さらに増加してたどり着いたのが現代音楽なわけです┐(´ー`)┌
まぁ流石に、“演奏しない”音楽は音楽なのか?とは思いますが←


今日はこんな感じで終わりです!
スポンサーサイト

category: ウキウキ☆ゴスペル講座

cm 2   tb 0   page top
« NWL。

2011。 »

コメント

No title

4:33間、世界が音楽のふりをしているのだよ。

コロッケさんが、シンデレラハネムーンをうたうように。
やまだし #- URL [2011/01/21 15:30] edit

Re: ダーシーヤーマー

かっこいいなあ!
「うたう」ってひらがなにしたところが秀逸!
2号 #- URL [2011/01/22 00:10] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokoten6.blog133.fc2.com/tb.php/267-19971ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。