09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Walker's Heaven

筑波大学アカペラサークルDoo-WopOB Walker's Heaven、通称ホコ天です!ゴスペルを歌っています!                                          虹のたもとは、僕等の足元。それぞれの歩く道の上、今日も虹がかかります。                

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

学園祭に向けて。 

どうもー、2号ですよ。
今日は学園祭について少し書きたくなったので、書きます。

私たちWalker's Heavenは9月の4,5日にオーディションに出ます。
10月9日~11日に開催される学園祭のメインステージである「松美池ステージ」のオーディションです。

そのオーディションで合格し、ステージを掴みたいと思い、私たちは練習を重ねてきました。



自分がサークルに入ったのは、去年のオーディションの日でした。
どうしてそのタイミングに?ということに関しては長くなってしまうので、またの機会に。
その時に自分をホコ天に誘ってくれたのがややでした。


「一緒にゴスペルやらない?」


それがすごく嬉しくて、すぐにOKを出しました。


最初のうちはぎこちなかったみんなとの関係も、練習を重ねていくうちに打ち解けた居心地のいいものに変わっていきました。
みんなは新参者の自分を本当に温かく受け入れてくれました。本当に嬉しかった。


仲のいいみんなと一緒に笑顔でアカペラができることだけで、自分は幸せだった。
結果論ではなく、楽しい歌を。
それができるバンドがホコ天でした。


でも、最近になってその気持ちに変化が生じました。
結成以来積極的にステージに立ち、ブログを始めて2カ月。少しずつですが、コミュニティも増えてきました。
そして、結成から10カ月。俺は自分とホコ天が出会った場所に、1年ぶりに戻ってきます。


俺は本気で松美に受かりたくなりました。


「今までが本気でなかったのか」というわけではないのです(苦笑)
ただ、以前は「たとえハーモニーやグル―ヴがいまひとつでも、楽しい歌を歌いたい」と思っていました。
でも、今は何としてでも出たい。みんなと一緒に、キラキラした舞台で歌って、いい音楽を少しでも多くの人に届けたい。そう思うようになりました。


大きな舞台への展望にキラキラと目を輝かせるやや。学園祭プロデューサー、本当にお疲れさま。
物静かだけど、見落としがちなところをきちんと指摘してくれるもえ。
こーめーの書いた楽譜に一生懸命目を通すこっちゃん。
発声や音程を鍛えてくれるこーめー。指導にも最近熱がこもってきた。
やまだしも最近いつにも増して楽しそう。


みんなと一緒に歩いていきたい。
みんなと歌えてすごく幸せです。



そんなみんなとだからこそ、俺は本気で松美池ステージへの切符を掴みたい。


最近の練習は時間のない中でなので、みんなも真剣です。
自分も何度も指摘をしたりして、なかなか今までの練習では見せない真剣さを見せているかもしれません。
メンバーの中には真剣な雰囲気に慣れている人もいます。でも、自分の歌がうまくいかないことに責任を感じたり、悔しく思う人もいるだろうな、と想像しています。
みんながみんな、同じ想いを持ち続けるのは難しい。


ホコ天のみんな、どうかな。
辛くはないかな。楽しく歌えてるかな。


最近ではそんなことばかりが心配です。


楽しく歌うことを忘れたくはない。泣きながら歌ったり、怒りながら歌ったり、そんなことは絶対にしたくない。
でも、みんなで音楽を本気で追い求めていく上では、厳しさを避けては通れない。


みんな。
責任を感じる必要はないよ。萎縮することないよ。
厳しい言い方する時もあるかも知れない。その時はごめんな。


でも、一緒に頑張ろう。みんなと一緒に、素敵なステージで最高の歌を歌いたい。



拙い文ですみません…
内部向けの文章を書いてしまったり、やたら冗長な文体だったり(相方は文学部なのですが、「文章が冗長」とよく怒られます)
そして言ってることがクサい(苦笑)
よく「いまのセリフ、クッサ―」と言われます。多分今回のもこっ恥ずかしい内容になっていることでしょう
でも言わずにはおれませんでした。
自分の中で、ホコ天のみんなが本当に大切な存在なんだということをスタートラインにしたかった。


2号の小話(全然小さくないけど、苦笑)にお付き合いくださり、ありがとうございました。


松美池オーディション、頑張ります。


ではでは、また!
スポンサーサイト

category: 歩行者たちのひとりごと―2号―

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokoten6.blog133.fc2.com/tb.php/96-a713c5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

FC2カウンター

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。